無料ブログはココログ

« 何故にわかオタクが増えたのか | トップページ | GANTZ 333話 »

2011年2月 1日 (火)

劇場版実写GANTZを観てきた

まず初めに今日観るまで極力ネタバレを避けてきたけどネットやってるとちょくちょく情報が入ってきていまっていたけど直でネタバレしては観ていない状態です。

不安満載でだったけどねぎ星人までは頑張ってたと思う(矢先電車で跳ねられるシーンで加藤が酔っ払いを助けるのをシカトして最後登る段階でやっと玄野が助けたり、何故かスーツを着たのが玄野じゃなく岸本だったり採点で加藤がかとうちゃ(笑)じゃなかっり西君のトータル点数が90点じゃなく79点だっりこまけぇこたぁry)雰囲気は伝わってきた。

んで残ったのが西君、玄野、加藤、岸本、ぎりぎりで蘇生してきたオヤジ・・・(後にこの人が鈴木のおっちゃんだってことに気づくのを田中星人の途中で分かった( ̄∇ ̄;)

そして田中星人編だけどその間の玄野と岸本の同棲、悶々とした日々が分けわからず唖然とした、そして1日足らずしてミッション開始ってどうなのよw

増えたメンバーが子供とその祖母とその他1人、ちんそうだんの連中は無しですかそうですか・・・、そして全員がミッション参加する前に速攻殺される子供と祖母w、田中星人に殺される西君そこまで納得していたけどやっとのことで田中星人を倒した転送・・・って1体だけかよwww(コンビニでチョコエッグのくだりがあったら中に鳥やボス登場がなくとも少しは許せる展開だったのに・・・)

そして重症ながら転送で難を逃れた玄野(転送されたら傷を負う前の記憶しかないのにバッチリ最後の記憶まであったね)

んで仏像編、相変わらず1日でミッション開始(どうやら365日ミッションが行われているらしいw)メンバー少ない、玄野、加藤、岸本、鈴木、ホモ?、サバイバルオタク、悪徳坊さん(この役が織田無道だったらニヤニヤできたかもしれない)

星人はあばれんぼう、おこりんぼう星人→千手観音→大仏というもうメチャクチャな展開、しかも千住にいたっては持ってる剣を振り回す、再生能力無し、厄介なレーザー無し、岸本が死んだ硫酸みたいの無し(岸本は串刺しで死亡)玄野も足に重症を負うも加藤がやられたことによって何故かスーツが再生して力を取り戻すwww、その勢いで仏像撃破というポルナレフのあのAAがいくつあっても足りない状態でした。(加藤が千住倒してこそ意味があるのに結局ほぼ加藤の見せ場無しじゃん)

加藤も死んで玄野が100点メニューで再生を誓うのでありました(100点メニューも強い武器を貰えるの項目無し)

そうそう小島多恵、誰ですかあれw。

設定も玄野と加藤が何故か高校生じゃなく20歳ぐらいだったりなにがしたいのか分けわからん。

あと最後のエンドロールで桜井の名前が出ていたけどまさかホモだと勘違いしていたのが桜井だったのかな?

感想として千円の日に行ってよかったなぁというのとやっぱりGANTZを実写でやるのは無理があるなと改めて感じました、二宮君や松山君に演技はよかったと思います、一言でまとめると女性版GANTZ、予告で2部やって吸血鬼が出ていたけどまさかあのロンゲが氷川とか冗談言わないですよねw、栗山千明が出たら考えてもいいけど無いだろうな。

ある意味来年辺りTVで放送して2chの実況で楽しみたい作品であります。

« 何故にわかオタクが増えたのか | トップページ | GANTZ 333話 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129567/38696764

この記事へのトラックバック一覧です: 劇場版実写GANTZを観てきた:

« 何故にわかオタクが増えたのか | トップページ | GANTZ 333話 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31